アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「その他」のブログ記事

みんなの「その他」ブログ


mixiにも書きましたが。

2008/04/17 23:08
さて・・・

一人暮らしを初めて早10日

やっとネットが使えるようになりました。



使えない間は、携帯からmixiを見ていたのですが・・・・

15日は、私にとって衝撃的な一日になりました。

それは、たった一言のタイトル

『助けて下さい』

中身は、私の友人のことでした。

この人が意識不明の重態だという内容でした。

午後6時30分ごろ

その人は倒れました。

この事実を知ったのは、

7時過ぎ。

そこからは、mixiを頻繁に更新し

新しい日記が書かれていないかを確かめる

という行動をとっていました。
(※日記を書いてたのは、その人の友人です)

2・3度更新され

意識は戻らないのに泣いてたそうです。

必死に病気と戦ってたのでしょう。

目を覚ましたかったのでしょうね。

1分1秒でも長く・・・って思ってたんでしょうね。









詳しい時間は聞いていませんが、

15日の深夜12時前息を引き取ったそうです。

付き添ってた人が・・・・・・・・・・・・

「●●が冷たくなっていくよ。」

って。


その友人は、数日前に

ネット開通する17日(今日)まではいるから!!

ってか、それ以降も居るつもりだし!!!!

とか、

15日の朝、足跡つけられてたりとか

普通に私の中に存在してたのに、

急に居なくなってしまいました。



昔から、病気だったんですって

移植しなければ完全には直らない。

いつ死ぬかもわからないような状況にいた人でした

けど・・・・

そんなこと、微塵も感じさせずに何ヶ月も付き合ってきました(友人としてです

ネットワーク系には天才でした。

でも、バカです。人のこといじめたり

バカと天才は紙一重といいますが

まさにそうです、という人でした。

病気のことを教えてくれてからも、

昔と変わらないような振る舞いでした。

だから、私も今までと変わらないように接していました。

けど・・・本当はちがったんです。

私達友人宛に手紙を書いてくれました。

病気のこと

それぞれに対する言葉

病気の症状が出始めてからのこと
(知りたい人だけみればいいということでした。)

遺言ですね。







私は、何が書きたいのか・・・・・

正直わかりません。

その人のこと

思い出

死んだあとの日記

いろんなことが頭の中をぐるぐる回っていて

気持ちの整理がつかないのです。

知り合いが亡くなるのは初めてじゃないのにな。

一人になるとだめですね。

学校に居るときは、

笑えてるはずなのに

一人になると涙がこみ上げてきます。











大事な人だったんですよ。

変な人だったけど、

尊敬してたんですよ。

お兄ちゃんみたいな。

お兄ちゃんになってほしいような。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「その他」ブログ

myself-mystyle-mylife その他のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる